イメージが湧きやすくなる住宅展示場を覗きに行こう

家を持つ人

耐震性に注目するなら

一軒家

耐震テストで見せた強さ

日本は地震が多いから耐震性能の良い家に住みたいと考えるのは、日本人ならごく自然な事だと思います。大きな震災を何度も見たり、その片鱗だけでも体験した事があれば、人の安全はなによりも優先されるという事を知っているからです。震災後はスウェーデンハウスだけでなく各ハウスメーカーがこぞって揺れに強い家や倒壊しにくい家を研究し、テストをしています。スウェーデンハウスでも耐震性の検査を行っており、わずか数週間という短い期間に毎日のように激しい振動を繰り返し与える実験をしました。振動の規模でいうと阪神淡路大震災の2倍の揺れやこれから想定される東海沖地震のマグニチュード8規模の揺れなどもありましたが、結局構造にまで及ぶ被害にはなりませんでした。

地震に強い理由とは

スウェーデンハウスが地震に強いと言われるのにはその構造に理由があります。一般的な木造の軸組構造では主に振動は木の接合部に集中しますが、スウェーデンハウスは構造が面で繋がれた箱状になっているために、振動を広い面で受け止めて吸収するのでそのエネルギーが分散します。土台と基礎、外壁のパネルと床、体力壁と基礎などはそれぞれ強固な金具で繋がれているので、強い振動を耐え抜く力を持っています。快適に暮らすのは大切な事ですが、数々の震災を見て家族の命を守る事を最優先に考えたいという人が望む家が、耐震性に優れた家であることは間違いありません。スウェーデンハウスは耐震性を求める家族や四季を通じて快適に生活したいという家族から支持されているメーカーです。