イメージが湧きやすくなる住宅展示場を覗きに行こう

家を持つ人

高齢の家族と住む家

レディ

バリアフリー対応の家

注文住宅を建てて付けて良かったなという意見が多い設備は、新しく建てる人にとっても参考になります。そのため、自分たち家族に合うかどうか考えながら検討すると良いでしょう。特に京都で高齢の家族と一緒に住む場合などは、若い人には実感出来ない事も多いので、頭の隅にでも入れておくといつか役に立つでしょう。京都でもバリアフリー対応の注文住宅を建てるという人は多いです。注文住宅では、手すりなどは建てる時に付ける場合もあれば、後でも簡単に付けられるようにしておくという方法もあります。床の段差については、最初から部屋間で段差がない家にしておくとよいです。玄関や居室のドアなどは全て引き戸にしておくと、高齢の方でも使いやすくて良いでしょう。

体に優しい家を建てる

体に良い家というとアレルギー対策をした注文住宅を思い浮かべます。しかし、京都のような寒い冬は、部屋の温度差も血圧が上がるなどの理由であまり良くありません。京都で注文住宅を建てる時には、家全体の気密性を高めたり断熱材を厚くするようなプランを立てることも可能です。また、脱衣所にはすぐ温まる設備を付けるのとよいでしょう。トイレは2か所は作るのが最適で、粗相があった時に簡単に掃除が出来るようなタイルを採用するのも良いでしょう。高齢の方は2階を自分の部屋にするのは難しいですから、小さなエレベーターを付けるのも良いでしょう。人間の移動ばかりでなく、荷物の出し入れなどにもとても役立ちます。すぐに必要ないという場合でも畳一畳ほどのスペースを両方の階に確保しておけば、簡単に設置することができます。